妖怪ウォッチを手作り

「妖怪ウォッチ」は大変人気のゲームです。ですからその関連グッズも同じように人気があります。人気が高い故にそのおもちゃやグッズは発売初日で完売や、常に品薄状態なのです。発売されるとなって、多くの親御さんが、子供のためにと、購入するためにおもちゃ屋さんの行列に並んだのです。しかし、抽選で漏れてしまったり、販売数終了などで、結局手に入れられなかった人が多かったのです。子供が欲しがっているおもちゃを買ってあげられないとは、親としてはとても残念ですね。子供を不憫に思う親御さんもいるでしょう。そんな親御さんの間で今、なんと「妖怪ウォッチ」を手作りしている方がどうやらいるらしいのです。まさかですね。しかし、それが結構な数なのです。
わが子のためを思って、そして、喜ぶ顔が見たくて、自作の妖怪ウォッチに挑戦しているのでしょう。その様子がブログや動画にアップされていますから、どうやら多くの方が自作の「妖怪ウォッチ」に挑戦していることがわかります。みなさん、様々な方法で作っているようです。自分なりに工夫して、それぞれの妖怪ウォッチが出来ています。作り方など、当初は誰にもわからなかったはずです。そんな中で誰かが作り始め、今では動画に投稿されたものを見れば、簡単に真似できるようになっているのです。
それらの情報を見て、そして実際に作り、お子さんに手作りの妖怪ウォッチをプレゼントしているのです。

 

材料は、作り方同様に本当に様々です。
100円ショップで売られている丸型のケースや、折り紙、段ボールを使ってウォッチを作る方法もあります。厚紙や、工作用紙をメインに使い、LEDライトや、プラ材などを取り入れて、きちんと光るウォッチを自作した方もいます。妖怪探査機能も工夫してウォッチに取りつけたという方もいます。また
時計機能をつけた手作りウォッチもあります。そしてホンモノの妖怪ウォッチよりも、高性能となっているものもあります。本当に自家製であり、手作りであり、様々な妖怪ウォッチが親御さんの手で作られたのです。子供の教育にとっても、高い値段でオークションで落札、購入するより、どれほどいいでしょうか。
メダルも自家製されていて、好きなメダルを自分で作れますから、お子さんの好きなキャラクターのメダルを作ってあげられるのです。そのメダルが、自家製ウォッチにちゃんとセットできればもう言う事なしです。さらにライトもつけば、完璧でしょう。ここまで作りこめれば子供にも喜ばれるに違いありません。

 

 

100円ショップの材料

手作りでの「妖怪ウォッチ」が一部で広がっているようです。おもちゃ屋や家電量販店などでも購入できないのですから、自分で作るしかないということでしょうね。ただ、手作りといっても、いい加減なものではありません。やはりそのようなものを作っても、子供は喜ばないでしょうね。本当の妖怪ウォッチに近いもの、若しくはそれ以上のイカシタものでないと、子供たちも満足しません。親御さんたちは苦労しますね。ただ、今では、ネットの動画などで、妖怪ウォッチの作り方なども見れますから、大いに参考にして、立派な妖怪ウォッチを作ることができるようになりました。手作りですから、いろんなものがあるようです。そんな中、クォリティが高いものがあります。なんと100円ショップの化粧品と腕時計を組み合わせたウォッチです。
100円ショップで売られている腕時計をベースにして、丸い容器に入ったタイプの、ふたがパカっと開くアイシャドーを組み合わせたものです。
アイシャドーの中身の部分を取ってしまい、そこへ手作りの妖怪メダルをセットできるようにしたのです。
アイシャドーの他、ファンデーションの容器や、チークの入れ物を使っても、また変わったものができます。
デコレーションが施されているケースですと、さらに見た目がかっこよくなります。100円ショップの化粧品コーナーや、ドラッグストアの安い化粧品コーナー探してみるといいでしょう。
女の子のお子さん向けならば、キラキラのあるケースのほうが可愛いく、オシャレな妖怪ウォッチとなるでしょう。
ホンモノとは一味違う妖怪ウォッチの完成です。100円ショップで材料を揃えるので、妖怪ウォッチ作成にかかる費用は、数百円ですみます。出来がよければ、ホンモノを持っているお友達から、うらやましがられるかもしれません。
このように、人気の妖怪ウォッチは、なかなか手に入らない状態ですが、手作りでホンモノっぽい腕時計は作ることができますし、本物以上の素敵なものを作ることも可能です。親御さんは、購入できなくてもあきらめずに、お子様に手作りの妖怪ウォッチをプレゼントしてあげてください。